FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこそこ頑張った結果・・・













11.jpg

momomomo1.jpg
momomomo.jpg

想定していたよりでかい・・・

でも頑張ってとりあえずボディも作ってみる・・・

肩が・・・痛いです・・・
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

どうなのよ

アロ~ハ~!


それはさておき早速ですが、どうなのよコレ?ふぇありーず エアリードール


A-ONEさんからの新作らしいですが、ももと同じふぇありーの名前が入っています。

だもんで、まさかもう新作が!と思ったらチガウ・・・共通点は小さい。しかしコレはコレで斬新な・・・

3種類のようですが、上記リンクの子はつるぺた。その他2人はやはり、しっかりおっぱいが・・・

このメイドの子のルックス、体型でももくらいにスケールアップして、ぬいぐるみで出してくれないですかね?



今日は他には特に何もありませんので、最近のお気に入りでお別れしたいと思います。

ナナリーさんです。目が開いております。
DSCN371.jpg

アップ
DCN371.jpg

気になると思うんだ・・・・・・・・
DSCN375.jpg



では、マグロ!
DSCN3708.jpg

おっぱいがいっぱい

凄い歌ですよね、あれ。

うれしいなさわりたいとまで言っている・・・

作詞家はさぞかし名のあるおっぱいマニアかと思いきや、調べたら女性の方なんですね。

しかしある種の名曲ではないでしょうか・・・魂の叫びな気がします。まぁ、歌詞そこしか知らないんですけどね。



さて、前回のラストで次回予告までしたコレ↓ですが
DSCN3671.jpg

当然のごとくおっぱいですね。ほかにはバスト、乳房などの呼び方があります。おっぱいが一番しっくり来る気がしますが、それはまぁいいとしてだ。


上の写真はももに生乳谷間ブラを装着した状態なのですが、Aカップでもこの状態なわけです。

コレはコレでウホッ!と言った具合なのですが、やはり全体を見たときにバランスが少し悪い。
で、何とかならんのか?と言うのが今回のお題なのですが・・・

もちろん、ヌーブラみたいなのを使う、とか、もっとほかのものを使えば可能かもしれませんが、私がしつこく生乳谷間ブラにこだわっているのには理由があります。

1・やわらかさ
ぷにょぷにょしていてイイ!
肉厚なのがポイントだと思います。ヌーブラみたいな薄いものでは、やはり、薄い感じが・・・しかし薄い感じが好きな人もいるはずなのでそこは好みで・・・
(実は生乳谷間ブラDカップよりもAカップの方がやわらかいです。カップが大きいほどパッツンパッツンになってます。Fは持ってないのでわかりませんが)


2・オイルがしみない
どちらかといえば、コレがほとんどの理由だったりします。
ラミネート加工?みたいに薄いシートで覆われていますので、オイルがしみたりとか、埃がついてアァン!みたいなことにならないのが一番のポイントです。つけっぱなしでも安心!


て事で生乳谷間ブラで何とかしてみようと。
ほんとはメーカーさんが生乳谷間ブラAAAカップとか出してくれると助かるんですが・・・需要あると思いますよ?主にマニアックな人に。


※ココから先はかなり強引な改造等しますので、ドールの改造がお嫌いな方は見ないほうがよろしいかと。
 さらに、今回あまり役に立つようなことは無いと思われるので、参考にするものというよりは、私の改造メモ、 位に思っていただけると嬉しいです。


では。

そもそもうちのももはコレを装着するために元々の胸部分をつぶしています。前にも出したコレ↓ですね。
もも×たいつ

この状態でアレなので、じゃあもっと凹ますくらいにしてみるか・・・と思ったのですがアイデアがいまいちでない。

そこで、みぞおちの辺りから鎖骨の下あたりまでを、糸でもも骨の背骨部分に括る、というかなり強引な手に出ました。

こんな感じです↓
DSCN3681.jpg

横ビュー
DSCN3682.jpg

さすがに本体への負荷がかかりそうなので、フエルト生地で補強してます
DSCN3680.jpg
色々補修とかにも使えて便利。値段も安い。


今回、普通についてるバンド(?)で装着しようとするとゆるゆるすぎるので、ココまできたらと縫いつけてしまいました。
DSCN3683.jpg
この後本体へ縫いつけ


そしてえあたいつを上から装着した後、服を着せてみる
DSCN3698.jpg
ゆるい服だとほとんどわからなくなりました。


わかりにくいのでスク水に・・・(首輪はいつもの白い水玉タートルをとめるのにつけてるのを、そのまま外し忘れただけだよ!どSとかじゃないよ!)
DSCN3692.jpg
DSCN3694.jpg
うむ!


かなり強引ではありましたが、大体やりたいことはできたような・・・気がします。

当初の目的通り小さいけどプニプニMAXな感じは出せました。
抱っこした感じもほとんど変わりません。

ちなみに、えあたいつ着せていれば、脱がしてもそこまで違和感ありません。


しかし、弊害としてうちのもものウリ(?)である独立がなかなか難しくなってしまいました。

そりゃ重くなってるんだから当然なのですが、バランスとるのがだいぶ難しくなりました。頑張れば立てるんですけどね~。



さて、今日はこんなところでしょうか。

今後は、凄い速さでミシンも手に入れたので、もうちょっと色々できそうです。

では、アデュー!( *´д)/

安西先生・・・・

DSCN3664.jpg
ミシンが・・・ほしいですっ・・・!

大変っ・・・めんどくさいですっ・・・!

めんどくさいと言うか疲れますよ!手縫いはっ!時間かかるしっっ!!


前からミシンは欲しかったのです。色々と便利だし。

両親その他が引っ越した際に、ミシンも持っていってしまったので、当然のごとくうちにはミシンがありません。

安いのでいいから、買おうと思います・・・


写真は「ももの手試作01号」です。

ももの手は、指は分かれているものの、結構残念な感じなので、手に骨格を入れるついでに作ってしまおうかと・・・思ったのですが・・・

どんな感じになるか、まず自分の手をそのままスケールダウンして作ってみましたが、それでも手のひらがでかすぎました

DSCN3670.jpg

別に、これは試作のつもりで作ったし、それはいいんですが・・・ものすごい大雑把に作ったのに、時間かかりすぎ!こんなのに1時間も費やしてしまった・・・これを口実に、ミシンを買うしかない・・・!


これでできることと言えば、1人○ーミネーターごっこくらいでしょうか
DSCN3666.jpg
地獄で会おうゼ☆

まぁ・・・ちゃんと作ったらまた記事にしますが、ちゃんとやるかどうかは未定・・・って事で・・・













そしてなんと・・・次回の「ももと人形の部屋」は・・・



コレだッッッ!!!
DSCN3671.jpg

もも、ほのかver

ももへのほのか(開き目)ヘッドの装着レビューをしていない事に、今頃気づきました。

このブログを開設する前にジジの落書き(仮)さんに投稿していたので、なんとなくやった気でいたのですが、やはり、このブログを訪れている方の何人かはももを購入するかどうかで迷っている。かもしれないので。

ももを購入する際、顔をどうするかは激しく重要だと思いますので、ちゃんとやっておいた方が良かろうと。

そう言えば私が購入したのはMAN-ZOKUショッピングさんなのですが、つい先日まで「即日発送」だったのが、ABC共に「注文予約」になっている・・・売れている・・・売れているぞ・・・!

ただ、アマゾンさんでは昨日は在庫4だったのが17に大量入荷。なぜだ。いや、売れるてるからか?


ちなみに、本日は、画像多め、生首ドンと来いでお送りしますのでご注意ください。














※生首注意↓
momo1.jpg
てってれ~

このポーズに特に意味はありません。
ただ、ほのか(開き目)ヘッドは計測したところ、えあうぃっぐロング込みで450グラム超ありましたので、そのくらいの重さのものを乗せても、自立はできる。という事がわかりました。
ただし、壁に寄りかかって、ですけど。

続けて
momo2.jpg
momo3.jpg

こうしてみると、えあますく状態よりも一回り大きいくらいでしょうか?あまり大きさの違和感は(個人的に)無いです。





では早速っ・・・蒸☆着っっ!
momo5.jpg
momo6.jpg
momo7.jpg
momo8.jpg

座ってる分には違和感は感じません。
ただ、立つと妙に浮いてるような・・・?私が、えあますくに慣れすぎてしまったせいかもしれません。

ほのかヘッドはキューティードール2010用に作られたヘッドですから、そもそも、もうちょっと身長が高い子を想定してデザインされているハズです。

キューティードール2010の公式の身長130センチに対して、ふぇありーどーるももは公称115センチ(実際もうちょっと小さい感じ)

この15センチ差はやはり大きいんではないでしょうか。ちょっと浮いちゃうのは仕方ないかと。

ただ、その辺は個人の好みの差にもよりますので、一概には言えません。

とりあえずふぇありーどーるももに装着は可能である、というのは断言できますので、購入の参考になれば。

あと、やっぱし重いです。
ウィッグのせいもあるのかもしれませんが、頭に450グラムは結構キビシイものがあります。


一番下の写真は、かろうじて独立していますが、もも骨をもってしても、油断すると首がくにゃん、と。

ほのかヘッドの装着を考えている方でもも骨も導入したい方は、出湯管100センチのものを用いて、首部分の骨を2本体制にする必要があるかもしれません。

ちなみに、ノーマル状態のももに装着した場合、元々はウレタンの心棒が入っているので、くにゃん、にはなりませんが、時間がたつと段々クタ~っとなってしまします。



さて、少しでも参考になりましたでしょうか?

いつも言ってる気がしますが、なにかご質問等あれば、お気軽にメールフォームからどうぞ。

では、グッナイ!

搾り・・・

DSCN3645.jpg

まる搾りっ・・・ももっ・・・!

ももに持たせると・・・ちょっぴりひわいな響きに感じます・・・私だけでしょうか・・・?

ちなみに味は・・・かなり甘い・・・桃っぽい味です・・・個人的には好きです。

「もも」の味はこんな感じか・・・と変な妄想がとまりません。末期かもしれません。

今日は・・・それだけですっ!

アディオス!

えあますくおよびたいつのメンテ

DSCN3610.jpg
てぃ~じか~み~そ~り~(4枚刃)


さて、えあますく、およびたいつですが、皆さんはどうメンテナンスされてるんでしょうか?

私のように毎日添い寝してる人ならわかると思いますが、2~3週間もするとちょっと汚れが気になってくると思います。
特にますくの方は、出っ張っている鼻の頭辺りが特にちょっと黒ずんだりしてしまいます。

これは私の場合ですが、汚れてきたな~と思ったら、ウィッグをメンテナンスするついでに手洗いで洗っています。
油汚れを落とすなら食器用の中性洗剤とかが一番でしょうけど、ちょっと怖いので、ウィッグを洗うついでに同じシャンプーで(あんまり力を入れずに)コシコシと。

その後、やはりウィッグと一緒に柔軟剤につけておくと仕上がりも良いでしょう。
これで結構、綺麗になります。
乾燥させて、ももに再び装着すると、結構汚れてたんだな~とそこで再認識。

ちなみに、これはえあますくの方で、たいつは裏返して2回ほど洗濯機で洗ってみましたが、特に問題無く洗えました。
ただ、本来洗濯ネットとかに入れたほうがいいんでしょうけどね。
常に全裸のツワモノでなければ、たいつの方は服の下になってるのでそれほど汚れないとは思いますが、一応、洗濯機で洗えるぞ!ってことは、知っておいて良いんではないでしょうか?

後は、毎日添い寝している私は、1ヶ月くらいでえあますくのほっぺから下に毛玉が目立つようになりました。
で、段々気になってきたのですが、毛玉のとり方などサッパリわからない。手でちぎったらまずそうだし。
そこで、その辺に転がってたT字カミソリでシュイーっと。これが結構うまくいって、とりあえず綺麗になりました。
現在はこんな感じにドアップ
DSCN3614.jpg
このほっぺの下あたりに毛玉がついてきます。
私のように使用頻度(添い寝)が高い方は、消耗品と割り切るしかないのかもしれませんが、やはり節約と少しでも長く使ってあげたいので、毛玉になっちゃったよ!って人はお試しください。別に4枚刃である必要はありませんが。


ところで、全然話が変わりますが、土曜日にアクセスが増えました。
ももの尻の時ですね。
やはりみんなセクシー路線を望んでいるのか・・・だって私もお尻好きですしね。

じゃあ今日はおめめパッチリなこの全裸入浴シーンでお別れしましょう!


















oya.jpg

アディオス!

休養宣言

こんばんわんこ

速っ!と思うかもしれませんが、まぁちゃんと説明すると休養ではなく、更新頻度が下がると思います。たぶん。

なぜなら私の当初の脳内目標であった、ももの自立を達成してしまったからです。

しかし、まさかブログ開設1週間ちょいで達成してしまうとは思ってもみなかったのですが・・・前にも書きましたが、思い立ったが吉日の精神ですね。とりあえずやってみる。ダメならなかった事にする

飽きたわけではなく、改造するところがほとんど無くなってしまったので。毎日うちのももちゃんの写真をアップし続けるだけなのもなんかあれな気がしますし。
色々な検証とかはこれからも続けていきますが。

ただ、ももとかフィギュアの写真は誰かに見て欲しい!と思ったらこれからもアップしていきますし、何かこんなのが見たい!とか、こんな改造どうだろう?
なんてご意見がありましたらどんどんご連絡ください。改造アイデアがつきかけています。
後は手くらいなんですけどね~・・・
それともそろそろ新しい子をお迎えしちゃうか・・・?しかし、気づいたらダンボールいっぱいになっていたももの服を買いすぎて、お金が無い。

まぁ、何が言いたいかといえば、これからより一層好き勝手にやっていくけど、よろしくね!ってこことでしょうか?ちょっと違うか?


で、今日はももちゃんが独立状態でこんなポーズがとれたよ!のコーナー
4.jpg
5.jpg

現在いつものウィッグと上目使いフェイス、をシャンプーリンス柔軟剤に浸す(今ココ)
の最中なので、昨日購入したえあうぃっぐボブカット(シルバー)&ジト目でお送りしております。

笑うせぇるすまんの「ダーッ」ではなく、ツンデレっぽいポーズをとらせたかったのですが・・・う~ん・・・

しかしシルバーもなかなかどうして。
でも、色々なえあマスターさんのブログを拝見してますが、あんまりジト目の方はいないですね・・・てかほとんど見ない。シルバーも同様に、あんまり見ないです。


でも、ジト目もいいですよ!






こんなこともできて!
3.jpg

私の寂しい撮影環境がしれてしまいますが・・・小さい子に踏まれたい方、どうでしょう?

ちなみに私は実はロリ専門な人でもなければMな人でもなくて、どちらかと言えば30代後半~40代前半くらいの人のバインバインのお尻とか好きです。
でも、ももちゃんはイイ!だってかわいいのは正義だと思いませんか?

あと、この写真は自立してるわけではありません。
頑張ったのですが、この体勢は無理でした。

で、どうやってるのかと言うと・・・
閲覧注意!↓



首吊り状態でバランスを保つ
6.jpg

なんかかわいそうなので、すぐはずしました。





ココから下はやはり某氏の熱い要望にお答えして・・・
若干のエロ(ぱんつ)ですが、不愉快な方は見ないでネ☆でも一応カテゴリーアダルトだしいいよねっ!
(ももが欲しい人はお尻のチェックもしないとだしねっ!)

2.jpg
1.jpg
ムッチムチですよ。実際見るともっとムッチムチですよ!
ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ て感じで。

でもね・・・私は見えるか見えないかギリギリ・・・あ!みえ・・・みえな・・・見えた!ぐらいが好きなのですよ。
もしくはタイツ越しとか

独立宣言

さてですね。記事の前にひとつ、反省の弁を。
私、昨日の記事で拍手ボタンを押してくれる方ありがとうございます、と言いました。
しかし実はですね、拍手コメントなる機能があることを昨日の夜まで気づきませんでした。
正確には昨日の記事を書いた後、少しレイアウトをいじっていたのですが、管理画面で拍手コメントの管理なる項目を見つけたのです。
で、コメント?そんなのあったら通知とか来るだろうし、コメントなんてついてナ・・・ついてるじゃない・・・と、若干、北斗の拳のアインっぽくなってしまいました。
と言うわけで、コレまでコメントしてくださった方ありがとうございます。
これからは私に通知するように設定しなおしましたので、何か記事に対するツッコミなどありましたら、ボソッと言ってくれたら反応しますので。

ただですね、私はあえて記事へのコメント機能をオフにしておりますので、何か気になる時とか、面白かったぞ!とかは当然嬉しいですし、コメント大歓迎ですが、無理にコメントをしていただくことはありませんので。ひとつよろしくお願いします。



それはそれとして、今日はコレ
DSCN3547.jpg
私の靴の自慢!ってわけではなく、子供用のブーツです。
ちなみにサイズは16センチ、重さは片方約250グラム。
当然ももにはかせるのに買ったわけですが、ファッション的な意味合いのほかにもうひとつ意味があります。






それは・・・コレだ!↓
mo1.jpg
mo3.jpg
今日は、昨日買ったジト目顔なので終始不機嫌そうですが、そこではございません。

写真見ただけではわからんと?
実はですね、コレ独立してるんです。完全自立


mo5.jpg

先日、知り合いのドーラーの方ともメールでお話しましたが、よりかからずに完全に自立させるには

1・もも骨の強度アップ
2・軽量化
3・重心を下げる
4・足裏の面積を広げる、滑らないようにする

あたりが重要だと思うのです。
そこで考えたのですが、まず私の最初の案は、もも骨のすね部分とフトモモ部分に鉄パイプみたいなものを上からかぶせて強化&低重心可を図る・・・だったのですが、まずやっぱりめんどい
だって、また綿抜いてもも骨を取り出して巻いてある紐を取って・・・・と考えていたらやっぱり却下。次にもも骨試作02号機、とか作るときは考えよう、と言うことで。

、やはり仕事をしつつ(暇な時間にダヨ☆)なんか無いか考えてたら、、ブーツはかせりゃいいじゃんと。

ひざ下を固定できるし、ある程度重量もあるだろうし。もしだめなら靴底に鉛でも仕込んでみようと。
上記の1,3,4はそれで全部クリアー。
2の軽量化は、もも骨を仕込んだついでに、体内に埋め込んで、ももの総重量の2割を占めていた生乳谷間ブラ(Aカップ)を泣く泣くはずすことで実現。

で、わりと簡単に自立しました。
これが結構安定していて、なんか自立したのがうれしくて上から下から写真を撮りまくっていたのですが、その間ずっと倒れることは無かったです。
靴を履いてるし、完全に自立じゃないじゃん・・・なんて野暮なツッコミは無しだゼ!
そこは上のアインネタに引っ掛けてやるじゃないとか言ってくれると嬉しいですよ。
ただ、やっぱりももの小ささだから可能だと思います。
ほかの子では重心が高すぎてこの方法では無理だと思いますが・・・試してくださる勇者様募集。

ちなみにブーツは、見た目も作りもかなりしっかりしてて、それなりにお高そうに見えますが、アマゾンさんで1600円くらいで買えました。安い。
クリック!→ミサトミキワークブーツ
※ももがはいてるのは16センチのブラウン

さて、後は上のコメントの話ですが、そのコメントの中で某氏がムチムチのお尻とかフトモモをもっと詳しく!と、熱いメッセージを送ってくださっていたのですが、あんまり露骨なのもあれなので、こんなのでどうでしょう?
mo.jpg

mo4.jpg
mo7.jpg
これには地上最強の生物こと範馬勇次郎氏も納得の表情!
DSCN3501.jpg

この道を行けば

どうなるものか
do.jpg

さっぱりどうなるかわからんのですが、行けばわかると某アントニオ氏も仰っておりますので、とりあえず行ってみる事にします。

さて、思ったよりも(1週間)続いているこのブログですが、とりあえず毎日20~30人もの訪問者がおります。正直言って驚きです。
何が言いたいのかさっぱりわからん記事にも拍手!ボタンを押してくださる方ありがとうございます。
私は基本的にその場の思いつきで書いてますので、色々文章とかめちゃくちゃですが、これからもマイペースで続けていきますので、そこらへんご了承ください。


で、ですね。そろそろ新しい表情も見てみたいので、昨日えあますく(ジト目)を購入する際に、ほかになんか無いか?と色々見ていたら、今頃気づいてしまったのです。
ももと同じA-ONEさんから出ているLOVE VENUSシリーズ。つくり一緒じゃんと。
そのまんまスケールダウンして、手足を付けただけですね、これ。
特徴的な妙に細長い顔も一緒なので、間違いないでしょう。
いやまぁ別にいいんだけど、昨日書いたように体型はちょっとくらいいじってくれても・・・と思うのですよ。

でもあれですね、こうしてみると、LOVE VENUSLOVE VENUS Rふぇありーどーるもも、と並べると、段々、手、足、頭が増えていく様は、人体練成の過程のようで、若干キモイです。

まぁいいのです。カワイイから!


最後にいきなり全然関係ないですけど、私は長女のムチムチ感が好きですよ?
長女さんの魅力がわからない小学生達には、「チッ素人め・・・」と言いたくなります。
momo.jpg

もものアピールをそれとなくしてみる

どうも!ビッグ・ザ・ブドー!

懐かしいですね、マサルさん。

当時の子供たちは、「何の部活入るの?」と聞かれて、目を輝かせて「セクシーコマンドー部!」と答えたものであります・・・
.
.
.
.
.
.
まぁ、そんな事はどうでもいいとしてだ。
ふぇありーどーるももって売れてるんでしょうか?
私は某掲示板とか一切見てないので、さっぱりわかりませんが、どうも盛り上がってる感じはないような・・・。
だってこんなにカワイイのに・・・
DSCN3484.jpg
立ってるももを私の目線で見ると大体こんな感じ。

私が知る限り、今の所、こんだけももを押している人は私しかいないんじゃないでしょうか?だって検索に引っかからない。たぶん。

別にももが売れてなくても悲しくもなければ、特にデメリットも無いのですが、せっかくカワイイんだし。
たくさん売れれば改良版も出るかもしれないし・・・・
ただ、売れてないわけではないと思うんですよね。色んなところで取り扱いし始めたし、そもそも私が買ったところでも一瞬だけ「入荷待ち」になったし。

そんなわけで、とりあえずもものいい点と悪い点。さらに個人的な感想など色々考えてみました。
購入を迷ってる!なんて方がいたら、ちょっとでも参考にしてください。


まずいい所。

1:とりあえずコンパクト!
たぶんですけど、ホールを装着するタイプの全身ドールでは最小クラスだと思います。
というか、これ以上体がちっちゃいと、ホールが装着できないんじゃないかと思います。ももでも結構限界ギリギリ感がありますので。
小さいと収納が楽チン。後、「ロリの人歓迎」ってとこでしょうか。
そう言えば、ももの体重は今日ちゃんと計ったら「もも骨」込みでジャスト2キロしかありませんでした。もも骨が大体500グラムちょいなので、もも本体は1.5キロ弱しかないことになります。

2:顔が無いのでカスタマイズ自由!
実はこれが、私がももの購入を決めた決め手だったりします。
私はそもそも木偶の坊さんの「ほのか開き目」に一目惚れし、ヘッドだけ持ってたなかなかレベルの高いHENTAIだと思うんですが、装着するボディがないとやっぱり生首だから・・・
って事で、最初はキューティードール2010を買うか買うまいかでものすごく悩んでたのです。
そうこうしてるうちに、ふぇありーどーるもも、が発売されて、顔が無い・・・しかも相当顔ちっちゃそうだし、頑張れば入るんじゃない?で、見切り発車で購入しました。入らなかったらどうしたのかはあまり考えてませんでした・・・まぁ、結局ほのか(開き目)は今も(時々ももに装着するものの)主に生首状態で飾られてるわけですけどね。

3:ぬいぐるみでフカフカあったか!
添い寝戦士と名づけたいくらい、添い寝に最適だと思います。なぜなら私が購入してから1ヶ月以上添い寝し続けているからです。
フルシリコンやエアドールにもそれぞれメリットがあるわけですが、やはり添い寝に関してはぬいぐるみ系で、なおかつ布団の中でも邪魔にならないコンパクトさのももが一歩リードではないでしょうか。
軽くて小さくてふかふか柔らか。しかもカワイイとくれば・・・どうです、欲しくなってきたでしょう・・・。


で、悪い点。

1:相当小さい!そのわりに・・・
もちろんメリットであるはずの小ささ。いや、小さいのは別に色んなニーズがあるわけで、それはもちろんメリットでもありいいんですが、そのわりに体型が大人
ももの体型はツルペタストン。みたいな感じではなく、大人の女性をそのままサイズダウンした体型です。手足は細いですが、胴体はわりとボンキュボン!みたいな。
せっかくこの小ささなんだから、がっつり幼児体型でよかったんではないでしょうか?違和感ありますしね。


2:よ、汚れやすい・・・
ももは起毛素材です。かなり汚れやすいのです。黒い服なんかきせたままにしておいたら一発!事実、うちのももちゃんも、定期的に拭いたりしているものの、だいぶ汚れてきております。最初の服の色落ちが痛かった・・・
これから購入する人は、はじめから「えあたいつ」とかを着せて、汚れ防止に努めましょう。


3:のっぺらぼう
やはり、これは気になる人は気になるでしょう。
私としては、ももの顔が無い、と言うのは、色々自由にカスタマイズできるのでありがたいですが、そこにメーカーの個性を求めた人はがっかりかも知れません。しかも出た次期が次期だけに、顔が欲しい人は「えあますく」つけてね☆見たいな風に勘ぐってしまいます。
私は別にそれでもいいんですけどね。逆に、助かりましたから。


とまぁ、こんなところでしょうか。
後私ができるアピールと言えばなんだろう?セクシー路線?
DSCN3495.jpg

もも骨(こつ)に関しての注意点等

イリュージョン!
DSCN3455.jpg

昨日の記事で足の付け根は水平に保つのは無理。と書きましたが、どうも、もも自体が座り姿勢を基本にしてるため、下向き状態だと前に引っ張られちゃうみたいです。
だもんで、仰向けならこれこの通り。

ちなみに今日は、体の動きがわかりやすいように、いつも寝るときに着せているパジャマでお送りしております。

続けて昨日表現しきれなかった、こんなこともできるよのコーナー。
いきますよ
DSCN3453.jpg
DSCN3454.jpg
DSCN3458.jpg
DSCN3459.jpg

まぁこんな感じでしょうか。
ほぼどの方向にも曲げられますが、もも本体に負担がかかりそうなので、あまり無茶なポーズはしないほうがよろしいかと思います。

曲げ伸ばしは大変楽です。元々曲げて使うものなわけで、くいっと曲げて、ぴたっと止まる。みたいな。
ただやはり、よりかからずに完全な自立は難しいです。
写真の通り立てひざならいけますが、足首~ひざ下くらいにかけて改良の余地ありです。


、ようやくここから本題です。
もも骨を作るときや、本体に仕込むときの注意点、コツ等。

まず、肝心の材料ですが、これがなかなか売ってません。
通常、ガス給湯器に付けられているものはほぼ450ミリ前後のものだと思います。
なので、ホームセンターとかで探してもそのぐらいの長さのものしか売ってません。
少なくとも私は5件ぐらい回っても1m超のものは店頭にはありませんでした。
前述の通り、車で1時間かかる巨大ホームセンターでも850ミリのものがなんとか3本入手できただけです。
というわけで、ネットで検索して購入するのが無難かと思います。
「出湯管 850 1000 1200」とかで検索をかけましょう。

下記はももサイズを作ったときの材料表。
出湯管850ミリ×3 400ミリくらい×1
緩衝材みたいなシートいっぱい
荷造り用のビニール紐
プラス、オプションとしてどこのご家庭にもある廃材のスチールパイプを足先に継ぎ足していますDSCN3430.jpg


必ずすべてのパイプの先端は↓の写真のように保護して下さい。
DSCN3431.jpg

これを怠ると、もも自体に内側から傷がついたり、万一突き破って自分に刺さったりしたら、オーマイゴット☆なことになります。


ももは私と同じ材料でいけると思いますが、当然「えあ」やその他のぬい系のドールなんかに入れようと思ったら、1000ミリか1200ミリが必要になると思います。
できれば足先から肩口まで届く長さ。最低でも胸の辺りまで届く長さでないと、継ぎ足したときに腰が恐ろしく硬くなってしまうと思いますので。(先端同士を溶接でもできれば話は別ですが・・・)
ちなみに手にも骨格を入れようとしてる人は、腕はワンサイズ短めが良いでしょう。

私はえあ本体を所持しておりませんので、正確なサイズがわからなくてなんともいえないのですが、想像では1200ミリ×2。1000ミリ×1の3本でいけると思います。足から頭の上まで2本通して、肩口で固定して腕を作るって感じで。
まぁ、そこは採寸して購入しましょう。

後ひとつ、改良点として、ひざ下、太もも辺りを何とか固定できればもっとしっかりすると思います。きつく縛るか、何か添え木みたいな感じで一緒に硬い棒を巻くか。

そして本体に入れる時必要なもの。

ハサミ
針と糸
ファスナー
何か長い棒
そこそこでかいビニール袋×5
諦めない心

ハサミと針と糸は、当然切るとき、縫うとき用ですが、ファスナーは今後のメンテなど考えて、切開した部分につけておいた方がいいでしょう。こんな感じ↓(雑な縫い方注意!)
DSCN3434.jpg
ちなみに、綿を入れたり骨格を入れたりする時に、グイッといって傷口が広がらないように、端っこを仮縫いしてとめたほうがいいと思います↓
DSCN3433.jpg

棒は、綿を押し込むのにいります。
そこそこ長くて、できればそれとなくしなって、親指トムくらいの太さが理想です。

ビニール袋は何に使うかと言えば、ももから綿を抜いた際に大雑把でいいので、胴体、右足、左足、右腕、左腕、に分けて入れておきましょう。
そのほうが戻すときに均等に戻せるので、右足だけ太い!とか無くなります。
ちなみに首から頭にかけてはポケットの保護材と同じ素材の心棒が入っていたので、それを抜いちゃえば綿を抜かなくてもそのまま装着可です。

諦めない心はめんどくさくなって挫けそうな時に必要です。宇宙刑事も「若さとは諦めないことだ」と申しています。


後は、手足の先端からは綿を抜かないままにしておいたほうが無難です。
骨格を入れた後ではそこまで綿を押し込むのが難しいからです。

と、まぁこんなところでしょうか?
しかし、基本縛るだけで作るの簡単!な、いい事だらけのようなもも骨にも以下のような欠点があります。

1・材料が売ってねぇ
2・材料費が高い!
3・ももより大きい子に対しては未実験なので、どこまでグリップが耐えられるかわからない
4・そもそもたぶん1200ミリまでしか売ってないから、150センチくらいの子は厳しいかもしれない

です。
これに対してのコストパフォーマンスをどう見るかは人それぞれだと思いますが、もも骨単独での材料費もおよそ1万円弱かかっています。
私的には思ったよりも出来が良かったので満足ですが、ももの本体価格、実売約4万円弱に対して骨1万。
はじめからこれが中に入って5万なら余裕で買いますけどね・・・。手間を考えるとどうでしょう?

高身長の子用も、手間をかければ普通に作れると思いますが、それだと簡単に作れる!というメリットが無くなってしまいますしね。


最後にひとつ、見た目が似たようなので、「水道用フレキパイプ」なるものが売ってますが、あれはあくまで水道管なので、出湯管のようには曲がりませんのでご注意ください。


※何か質問がある方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!

もっもももにしてやんよ!

語呂が悪い。タイトルの語呂が悪い。


さぁ・・・・仕事が終わってから格闘すること3時間。


僕もう疲れたんだパトラッシュといった具合なのですが。

















とりあえずこれを見てくれないか。
DSCN3444.jpg

たちました!・・・あくまでも、ももちゃんが、ですよ?
第一の感想としては、ちっちゃ!ですね。
今まで立ち上がることがなかったわけですから、そんなに違和感もなかったんですが、改めて立ち上がったら相当小さい。
ある意味「ふぇありーどーる」の名に恥じぬサイズですね。
しかし、この立ち方で身長測ったら、110ないくらいでした。ちょっと縮んだような気がしなくもないです。
その代わりお尻がばいんばいんに。
骨格を入れたのに、抜いた綿を「入るから」って理由で全部詰めなおしたら、なんか、お尻からふとももにかけてがムッチムチ!・・・イイネ!

それでは、ももの骨格、名づけてもも骨(こつ)がどの程度のグリップ力を持っているのか見ていきましょう。

まず、上の写真ですが、後ろに寄りかかってますが、余裕で立てます。
完全な自立はバランスが難しいので断念しましたが、骨格の強度から言えば、頑張ればできるかもしれません。
しかしひざを曲げちゃうと、くにゃっとなってしまいますので注意です。

上の写真はほとんど左足1本で支えてますので、曲げなければももぐらいの体重(現在服を着た状態で3.6キロ)くらいなら支えられます。



DSCN3446.jpg
このように、特に支えがなくてもまっすぐ座れます。漢のロマン、体育座りも可




DSCN3447.jpg
DSCN3448.jpg
首のグリップはそこそこ。ある程度横に傾けたまま固定したりして、表情を付けることが可能です。
ひじは見たまま、足と同じ感じです。




DSCN3449.jpg
DSCN3450.jpg
こんな体勢もいけます。このポーズで何するかって?後ろから眺めたりするのさ。
(下の写真をよく見ると、太もものムチムチ具合が良くわかると思います)


それはそれとして、足の付け根部分はこれが限界ですね。水平で保つのは無理でした。
まぁ、十分だと思いますが。
それよりもひざが思ったより強かったです。

しかし、ポーズが取れるようになったらもっと可愛いじゃないか・・・まさにもっもももにしてやんよ!と言った感じで。


とりあえず疲れましたので、骨格の入れ方のコツ、注意点などもろもろは、また明日にでも記事にしますのよ。

ただひとつ・・・もも骨(こつ)はもっとちゃんと作れば、売れるんじゃないか?

大地に立つ

DSCN3415.jpg
これがなんだかおわかりでしょうか?
誰もが一度はたぶん見たことのある、給湯器のノズル部分。
正式には出湯管って言うらしいですけどね。

つい先日、仕事場の給湯器から水漏れ私が修理する。
と言ういつものコンボが発生したわけですが、結局経年劣化で出湯管の根元部分のパッキンが腐れていたのと、ぐりぐりするもんで接触部分自体が少し変形してしまっていたのが原因でした。

そのため出湯管を購入して取替えたのですが、取り外したものを何となく持ち帰ってぐりぐりしてたら気づいてしまったのです。これは使えると・・・

私はここのところ、仕事中でもいかにももちゃんを可愛くするかを考えているわけですが、元々骨格を入れると言う案はあったのです。
でもとりあえずももちゃんははじめから綿が入ってるんだから、まず綿抜かなきゃならないじゃん!めんどくせぇってのと、骨格を入れるにしても針金はちょっと硬いし、端っことかでもも本体を傷つける恐れもありますしね。
かといって、塩ビパイプで関節まで作るツワモノの真似はとても・・・
大体ももは手足が細~いので、強度が出せる太さの塩ビパイプではおそらくギリギリで、腕とかカチカチになっちゃうような気もしますし。

その点出湯管は、元々グリグリ曲げるものだから、曲げに対する耐久性もバッチリだし、針金みたいに硬くないし、それでいて程よいグリップもある。
そこで、ももの身長なら1mくらいのものがあれば3本でできる!と思ったので、探し回ったら車で1時間もかかる巨大ホームセンターに85センチのものが置いてありました。
ネットで買えば1mのものも普通に手に入りますが、まぁ仕事場からはずした短いの継ぎ足せばいいかってことで、即3本購入。
ちなみに1本約2000円でしたので、3本で6000円。自作骨格としては結構お高いような気もしますが・・・

で、ここからようやく本題ですが、まずカバーを取り外します。手で引っ張るだけで簡単に外れました。
DSCN3413.jpg


これを思い切り曲げた経験がある人ってあんまりいないと思いますが、このくらい楽に曲がります。
DSCN3412.jpg


そこそこ強く握っても特に折れそう!ってことはないので、20キロくらいは耐えるでしょう。たぶん。保障は一切しませんが。

手に使う1本と、頭に使う廃材のは曲がっている部分を切り取ります。
DSCN3418.jpg
どこのご家庭にもあるパイプカッターで簡単に切れます。
ステンレスですので、金のことかで切ろうとしたらかなり大変だと思いますので、あきらめてパイプカッターをご用意ください。
(全然関係ない話ですが、私は厚さ1ミリ以上あるチタンの円筒をちょっと特殊な金のこで手作業で切断したことがありますが、腕が上がらなくなるのでやめましょう)



そしてエヴァっぽく大雑把にももちゃんの関節にあわせて縛り上げる
DSCN3417.jpg

そしてついに・・・







ももちゃんの骨格(予定)大地に立つ!
DSCN3419.jpg
なんと自立しました。このままこういうオブジェってことにもできないですかね?

雌豹ポーズも可

DSCN3421.jpg

おそらくこのまま入れるとマズイ気がするので、ひじやひざ部分を除いて緩衝材みたいなので巻く。
DSCN3422.jpg

これでほぼ完成です。図工が苦手な人にも簡単!

ただ・・・ももちゃんの背中を切り裂かないと中には入れられないので、いまだに入れるかどうかは迷い中です。
まぁ、たぶん入れるでしょうけど。

私の好きな言葉は思い立ったが吉日石の上にも三年なので。


※記事訂正。給湯管と書きましたが、出湯管のまちがいでした。眠かったので素で間違えました。

よそいき

日付を見ると1日に2回更新している風ですが、0時を過ぎてから寝る前に更新している次の0時前に更新している。
なので、1日2回ではありません。いや、そんな事は誰も聞いてないし、どうでもいいんですけどね。


よそいきのもも。
DSCN3399.jpg
こういうフリフリひらひらの服を扱うときは注意しましょう。想像以上に柔らか薄いので、移動中とかに油断して引っ掛けるとビリっと逝きます
思わず「Oh shit!」と口から漏れるくらいです。マジで。



うちの住人たち件助手
DSCN3402.jpg
真ん中、左、右の順で1号2号3号です。
ある時はレフ版もどきを支えたり。ある時はウィッグスタンドと化したり。またある時はももと一緒に写真に納まってファンシーな感じを演出します。












こんな感じとか
DSCN3403.jpg
こんな感じに
ウルトラもも

一号(初代ウルトラマン)の顔の大きさは成人男性の顔を2まわりくらい大きくした感じなので、そう考えればももの小ささがわかるかと思います。だいぶわかりにくいですけど。

ちなみに一番下の写真のウィッグは、前髪がスーパー長いのですが、某氏にお聞きしたところ、コスプレ用のウィッグはカットして調整がきくように長めに作られているんだそうです。
それを聞いて、なるほどなぁと納得しました。だってウルトラマンの顎まで前髪が届いてるでしょ↑の写真の通り。
ももにかぶらせたら、鬼太郎なんて目じゃないゼってくらいだし、とりあえず私がかぶってみても前見えないレベルだし。どんな巨人がかぶんのよこれ?と本気で思っていましたので。
ちゃんとドール用のウィッグってのは大事ってことですね。


そんなわけで(?)寝ます。その前に入浴タイム!

本日の一枚

私の部屋の住人たち
バファローベルとドアラ
DSCN3388.jpg
ドールラブドール
って方は結構いらっしゃると思いますが、私はイメージ的にはフィギュアとかぬいぐるみの延長がももなんですね。

私の部屋には昔、ぬいぐるみがいっぱいあったのですが、私が一度家を出て1人暮らしをはじめた時と、一昨年の地震の後ほとんど処分してしまいました。最近また少しずつたまってきてますけど。
まぁだもんで、本当はももに可愛い服を着せて飾っておきたいんですが、色々と限界突破☆してしまいそうなのでなかなかできません。

私の家は日中、いつ何時人が来るかわからんから、迂闊に置いておけないのです。

でもフリフリの服着せてぬいぐるみの中に堂々と座らせておいたら、ももならラブドールだとは思わないと思うんですけど、どうでしょう?

とりあえず最初なので

とりあえず最初なので記事を更新。
はじめに言っておきますが、私は一切面白い文章とかかけませんので、そこの所ご了承ください。

特に書くことも無いのですが、とりあえず現在のももの装備などを書いておきます。


ウィッグ    ・ふぇありーどーるもも付属品「ロング【黒】」
ヘッド     ・えあますく「上目使い」
ボディ     ・ふぇありーどーるももに「えあたいつ」装備
オプション(?)・生乳谷間ブラAカップ(気分によってDカップ)

細かいサイズなどは公式をご覧ください。

ももに付属してくるウィッグはたぶん単体でも販売されている「ドールウィッグ【miyu】」だと思うのですが、届いた当初の状態では、なんと言っていいか結構バサバサしてます。しかも明らかにサイズがでかいです。ももの頭が小さすぎるのもありますが、取れないようにするには一工夫必要かと。

えあうぃっぐのロングも所有しているのですが、髪の質としては正直えあうぃっぐの方がサラサラしていて上かと思います。
ただ、好き嫌いもありますし、手入れをすれば(手入れに関してはほかの方が語っているので割愛しますが)普通に使えるウィッグですし、なんとも言えないこの形がやたらと気に入っているし似合うので結局付け続けています。

生乳谷間ブラは、そのまま装着しますとももの元の胸と合わさって、なんだかよくわからないことになるので、装着を考えている方はももの元の胸をつぶすことを考えなくてはいけませんので、注意してください。
こんな感じで
もも×たいつ

それからそれから、話が長いですが、公式で身長115と出てますが、服のサイズは身長のまま110か120でよいかと思います。
どちらでも着られますが、普通の服は120でも110でもOKですが、パンツとか水着とかそういった物は110の方がいいかもしれません。そのほうがぴったりします。

とりあえずこんな所でしょうか。眠いので終わりますですよ。
えあもも7



はじめに

このページは凄まじく飽きっぽい肉球こと私が、ラブドール「ふぇありーどーるもも」に1ヶ月飽きずに色々と着せ替えて遊んでいたことを記念(?)して作ったブログです。
特に何か書きたいわけではないのですが、ももの可愛さを伝えたり、これからふぇありーどーるももをお迎えしたい方の助けになれば幸いです。
ついでに、その他フィギュアなんかも撮影してアップしていければなぁと思います。

※ももに関しての質問や、記事へのご意見、ご感想などはメールフォームからお気軽にどうぞ。


前述の通り、凄まじく飽きっぽいので、いつ更新停止するかわかりませんが、マイペースでやっていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

こんな感じでやっていきますので。
ふぇありーどーるももとえあますくを組み合わせています。
えあもも5

普段着

ちなみに名前とかはついてませんよ。そのまま、ももちゃんと呼んでおります。顔はえあだけど。


プロフィール

肉球

Author:肉球
当ブログはリンクフリーですよ(@ω@)

つぶやき
最新記事
メールフォーム
肉球への連絡、ブログへのご意見ご感想、質問などはこちらへどうぞ! お気軽に声をおかけください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
お知り合いのドーラーさんへのリンクです。 ※追加順
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
フリーエリア
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。