FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】こもも製作請け負います(仮

と、言うわけで今の所まだ計画を練っている段階なのですが、こももの製作を請け負います。

需要があるかどうか、正直わかりませんが、前回と違い、今回はどなたでも購入できるようにするつもりです。

いろんな方とメールでお話させていただいた際に、趣味でなくなってしまいそうなのでお金を受け取っての製作はしません、などと言いましたが、色々な方とお話したり、応援していただいたりする内に、私の中でせっかく作ったのだから、もっと色々な人にこももを手にとって見てもらいたい、と言う風に段々考えが変化してきました。

なので、好きな作品の同人誌を出したくなった様な感じと考えていただければ、と思います。


細かい事はまだ計画段階なので決めていませんが、価格は送料込みで1万5000円くらいに抑えられればと考えています。
お渡しできるのは本体と希望頂ければ私の手作り簡易パンツ、ぐらいになります。
マスクとウィッグは購入者様でご用意いただき、ますくの中身?をご自身である程度加工(ハサミで切って少し小さくする)して頂くようになりますので、ご注意ください。
この感じ↓
DSCN3916.jpg


えあますくとうぃっぐを装着し、服を着せたイメージ。
DSCN4010.jpg

仕様としましては、現在私の元にあるこもも2体をプロトタイプとして、全身の骨格をこもも量産型に入っているVVFケーブル骨格をもう少し煮詰めて、靴を履いた状態で、よりかからずにもう少し安定して自立可能な骨格にする予定です。

さらに、現在の身長70センチから75センチ程度まで身長をアップすることで、既製品の80サイズの服が、ある程度自然に着られるようになるかと思います。

現在新規に(手書きで)型紙を作成している段階です
DSCN4032.jpg

あとは足の縫い目が正面から見えないように、変更。

首の縫い目はいまだにどうするか考えている最中なのですが、なるべく目立たなく出来るように努力中です。

手は・・・ヘタに指をつけるよりも、このままグーで行くべきか、それとも指をつけるべきか・・・

ホールポケットは体の大きさと、骨格を入れる関係から小型のものが入るくらいが限界になると思います。

他にこうした方がいいのではないか?などの意見がございましたら匿名で結構ですので、トンデモ意見でも遠慮なく、拍手コメントなどで聞かせて頂ければ可能なものは対応します。あくまで可能な物はです。



それと、販売しようという考えに至った経緯として、最初に書いたような自分の心境の変化のほかに以下のようなことがあります。

ラブドールに興味があって、購入したいがなかなか踏み切れない方はやはり、置き場所に困るから、と言うのが原因の方が結構おられると思います。物によりますが、等身大ドールは送ってくるのもでかい箱で、家族と同居している方はそれ何?と突っ込まれるとかなり困る。

事実、私もふぇありーどーるもも購入以前からラブドールは欲しかったのですが、やはり家族と同居していたことで等身大ドールを隠しておけるような場所はなく、なかなか購入には踏み切れませんでした。(私はそれ以前に一人暮らしをしていた時に1体所持していましたが、家族と同居することになった際に泣く泣く処分しました)

いわゆるエアダッチ系は、確かに空気を抜けばコンパクトに収納できますが、やはり等身大サイズの物はとっさの時に隠しきれる物ではありません。

そこで80センチ未満と言う、ちょっとしたタンスやダンボールにも入るサイズ、それでいてぬいぐるみの全身骨格のポージングが可能で、最悪マスクとウィッグをはずしておけば、そのまま出しておいてもデッサン人形なんだと言い張れるようなこももは、他にも欲している方がおられるのではないか?と思った次第です。

なので、ラブドールが欲しいが隠し場所がない、と言う同好の士に是非お勧めしたいです。


最後に、私が一人でチマチマと作っていますので、販売は予約制と言うよりは、完成した物をそのつどブログで告知し、購入したい方はそれを見てご連絡頂く、と言う形を考えています。

ただ、もしどうしてもと言われる方がおられましたら、事前にメールフォームにてお問い合わせ下さい。そのときの状況次第ですが、出来るだけ対応させて頂きます。
スポンサーサイト
[PR]

にしまつや潜入報告

今日は仕事がお休み。

なのでこももの服を物色しに、にしまつや(アダルトカテゴリーで書いていいかわからんのでひらがなで)に潜入してきました。潜入と言うと不穏な感じですが、普通に買い物してきただけです。


宇佐羽えあや、ふぇありーどーるももをお持ちの方は、やっぱり服をどうするかで結構悩むと思います。

なので、今日は参考になればと、私がお洋服をどこでどのように入手してるかをお話します。



女児服、または女性物の服を買うってのは、初めてだとかなりハードルが高い。エロ本を買うよりも圧倒的に緊張する。私的には女性がレジをやってるところでオナホを買う(まずないけど)に匹敵する。言い過ぎでしょうか?

子供がいたり普段から女性ものの服を着てたりする人は話が別ですが、女の子の服を独身男性が1人で買うと言う状況は普通ないからです。


入手方法としては身近な所ではユニ○ロ、しま○ら。リサイクルショップから無難にネット販売まで色々だと思います。

でも着せるからには結構服の素材も重要。

ネットで買って、届いてみたら静電気発生しまくりであんまり使えない・・・何てことも私はありました。なので出来れば手にとって見てから買いたい。

しかし、やはり上記2店舗の女児服コーナーとかにたたずんでると、結構浮きます。気のせいでもなんでもなく浮きます。

慣れてしまえば(あまり慣れたくないけど)それでも開き直って堂々と行きますが、最初のころはやはり若干挙動不審になるのは致し方ないでしょう。

だって普通に小中学生くらいの女の子とか、子連れのお母さんに混じって1人で女児服物色してたら、そりゃ挙動不審にもなるでしょう。キョドることで、より一層浮きます。選ぶときはむしろ縫製をチェックするくらいまで堂々と見ましょう。そのほうが浮きません。


、にしまつや。にしまつやってたぶん全国展開してると思うのですが、おもにベビー用品を扱っている店です。

生まれたて赤ちゃんのお洋服から、大体小学校低学年くらいまでがターゲットになってると思います。大きい店舗だと、150サイズの子供服まで置いてるようですが、110か120サイズはどこの店舗でも置いてるんじゃないでしょうか。

120サイズなら宇佐羽えあもギリギリ着られる物があるかと。ふぇありーどーるももだとピンズドです。

なぜ私がにしまつやを押してるかと言えば、あくまでメインターゲットが赤ちゃんなので、男性が1人でいても別に不自然でないと言う点です。
あと、店舗によっても違うでしょうけど大きい子供とかあんまりいない(赤ちゃんはいる)ので店内が静かなので、ゆっくり服が選べます。

大体いるのは赤ちゃんから2~3歳くらいの子供をつれたお母さんとか、孫が生まれたばっかり!見たいなおばあちゃんとかですね。

お値段もリーズナブルで、無地のロンTみたいなものは、300円とかで売ってたりするので、ドールの汚れ防止のために着せておきたい人は助かります。

ワンピースなんかもサイズによって違いますが、1000円未満でカワイイのが売ってます。慣れてくるとお母さんに混じってセール品を物色しだしますが、そこまで行くと帰って来れなくなりそうな気もしますので注意してください。

えあますくをつけるに当たって、つなぎ目が見えないようにハイネックのシャツを着せるのが私の中で基本なのですが、そろそろ春物の時期になってきてるので、もうほとんど売ってません。
なので今日はセール品の中に混じってたハイネックのシャツをゲットできてなかなかいい買い物が出来ました。ちなみに200円。端の80サイズワンピは800円くらい。
DSCN4029.jpg

しかし!今日私は、本来こもも用のベビーサイズの靴下を探しにいったはずなのに、セール品をあさって満足したらすっかり靴下のことが頭から抜け落ちて、帰ってから思い出すと言う失態・・・

しょうがないのでダ○ソーに売ってた9~13センチと言うプーさん靴下をはかせてみましたが、やっぱりちょっと大きい。


まぁ、こんな所でしょうか。とりあえず、女児服を買うときはとにかく堂々と行きましょう!ってことです。周りの人は自分が思ってるほどには気にしてません。
しかしキョドると浮きます。パンツ一丁とかはマズイですが、ちゃんとした格好をして、堂々としてれば不審ではありませんよ。たぶんね!


※おまけ
小さいことでネコ耳が殺人的(私的に)に似合う事が判明しました
DSCN4031.jpg

量産型こもも

昨日は友人と夕飯を食べに行ってきました。

食べた後は大体うちでお茶でもどうぞ、のような展開になります。

なので、出かけるときしまわずに、あえてこのままにしておいた
DSCN4008.jpg

どんな反応をするかの実験です、実験。

結果、なにこれ!?え、自分で作ったの?すげぇ!みたいな反応でした。

結論として、こももは普通に置いておいたら、決してラブドールだとはわからないと言うことです。こももちゃんすごい!コレで隠し場所には困らない!でも相手がえあを知ってたらアウト!

まぁ、私の部屋は普段からそのままフィギュアとか飾ってあるので、ハードルが低い気もしますが。



で、それはそれとして、とりあえずVVFで骨格を作って、立つことができた、てところまでは一昨日説明しました。

中に入ってる骨格はこんな感じ↓
DSCN3994.jpg

あえて手足を1本でやってみました。どのくらいの強度かのテストです。

確かに靴をはけば独立できますが、結構ギリギリの感じです。たぶんウィッグが重いのもいけないのでしょうが、やはり1本では出湯管ほどの快適ポージング性能は得られませんでした。

宇佐羽えあやふぇありーどーるももに使うなら、もうちょっと工夫が必要でしょう。少なくとも1本では厳しいです。

でも、やわらかさは失わずにある程度グリップ力が欲しいって人は、意外と1本の骨格を入れるといいかもしれません。

しかし、こももサイズならコレで十分な気もします。このぐらいは出来るし
DSCN4009.jpg
DSCN4010.jpg

骨格がケーブルなので、当然左側の出湯管こももよりも鋭角に曲げることが出来ます。出湯管だと、大体上の写真位の角度が限界です。

片足立ちでポーズをとらせるのは、VVFの方は無理でした。しかしおそらく2本連結すれば可能かと思います。

ペタン座りはどちらもできます
DSCN4011.jpg

姿勢の保持は圧倒的に出湯管のほうがいい。ただし、VVFの方がやわらかいので、だっこしたり添い寝したりの時は、VVFの骨格の方がいいと思います。


今回製作するに当たって、何とかかぼちゃ尻を修正してみました。
DSCN4000.jpg

左側がちょっと卑猥な感じですが、そこではなく、右側の尻ですね。若干改善されたような・・・しかし、こんどはホールポケットを大きくしたら足の付け根が若干不自然に・・・?実際みるとそんなに違和感無いんですけどね。

そしてお裁縫技術レベルが無駄に上がる
DSCN3991.jpgDSCN3992.jpg
DSCN3993.jpg
最初に比べると、背中とかだいぶ綺麗に縫えるようになった気がします。


3人で撮る
DSCN4013.jpg

最近ももが登場してませんが、ちゃんと添い寝戦士として毎日活躍しています。こももは添い寝用としてはちっちゃ過ぎるので・・・

まぁ、今は自分がちょっと布団からはみ出しつつ、4人で寝てるんだけどね。

とりあえず

首が痛いし疲れたので、詳しいことは明日か明後日に書きますが、とりあえず出来ました。
DSCN4003.jpg
DSCN4002.jpg

VVFケーブル骨格で独立出来ました。

しかしえあうぃっぐロングが重い・・・でもコレしかない。

こももにロングだと超ロングになるので、後姿がやたらとかわいらしいです。

本日の戦利品

今日は仕事が終わって、いざこももを作成しようとしたらミシンの糸がきれたので、綿や糸なんかを買出しに行ってきました。

その後、ついでに寄ったリサイクルショップで思わぬ戦利品。

くつ
DSCN3986.jpg

13センチのくつですが、300円でした。

おそらくほとんど新品と思われます。屋外では履いてないんじゃないでしょうか?
DSCN3987.jpg

13センチと言うのは調べた所2~3歳くらいの子供、つまりようやく外で歩き始めるくらいの子供のくつです。

すぐに大きくなるし、ほとんどはかないで売っちゃう人も多いのでしょう。このくらいのサイズは結構おいてありました。サイズが合わなかったとかもあるしね。

結構しっかりしたくつなので、この感じのを新品で買うと、子供のくつとはいえ安くても2~3千円くらいはします。

もっとつくりの甘いくつだと千円くらいで買えますが、安定が悪かったりホールドが甘かったりで立たせるのが難しくなってしまいます。

なので300円は結構いい買い物かもしれません。ファスナーつきで脱ぎ履きしやすく、かつ紐もついてるので、ギュッと縛ると安定感が増していい感じ。


ちなみに、こももに履かせたらちゃんと独立できました
DSCN3988.jpg
DSCN3989.jpg


そのほかにも80サイズの凄くかわいらしい(私の好みの感じのふりふり)ワンピースが売ってたので、買おうとしたのですが、4000円もしたので断念・・・

なぜ古着でそんなに高いのか。ブランド物か何か?

VFF(VVF)簡☆単骨格作り

全国のえあますたーさん御用達、ナマコショップさんにリンクして頂きました。

ものすごく要約すると、リンクしてもよろしいか?て内容のメールを頂いたので、私は宇佐羽えあ本体を所持してませんので、えあますたーとは呼べないと思いますがそれでもよろしければ是非。と返信させていただきました。

すると、ナマコショップのトップページにあるリンクが昨日の段階ではえあますたーのブログへのリンク、だったのが、今日になるとラブドールマイスターHPへのリンク、に変更されてました。

マイスターと来たか・・・






で、それはそれとして、今日はせっかく(?)なのでおそらく一番、簡単簡易的な骨格の作り方を紹介。

塩ビパイプで補強したり、背骨の部分を変えてみたりと、色々皆さん工夫されています。

しかしそれもめんどくさい人もいるでしょう。

今回は、ケーブルを切るのも1度だけで、後は縛って終了、と言うおそらく一番手抜き骨格。

空気が抜けちゃったえあとかを捨てる前に、一度試してみてはいかがでしょう。


昨日仮組みした骨格はこんな感じでした
DSCN3974.jpg

完成度の違いはあれど、大体みんなこんな感じで作るんではないでしょうか?

コレを基本として、背骨部分を補強したり、塩ビパイプで関節部分以外を固めたり。


しかし、そもそも難しく考えるからイケナイ。

今回はコレを一筆書き?で作っちゃおうと。

ではまず、先っちょは頭からスタート
DSCN3976.jpg

首の付け根ぐらいから曲げます
DSCN3978.jpg

手首あたりで折り返し
DSCN3977.jpg

また首の付け根の所から足へいき、足首を作って折り返し
DSCN3979.jpg

例によって、首の付け根まで行って反対の足、腕も同じようにし、頭に戻る
※長さが足りなかったので腕部分で継ぎ足しました
DSCN3980.jpg
DSCN3981.jpg

そして集まった所を紐で縛る
DSCN3982.jpg


完☆成
DSCN3983.jpg

撮影しながらでも所要時間10分の超簡単骨格。ただ曲げただけ。

こももサイズならコレで十分使えると思います。えあでもたぶん壁に寄りかかれば自立するんじゃないでしょうか。試してないのであくまでたぶんですけど。

強度が足りなさそうなら、関節部分以外に梱包財でも巻いて縛ってやるといいでしょう。


お酒の飲みすぎで手が震える、とかじゃなければ誰でも作れると思います。

ただ、注意しなくてはならないのは、この方法だとケーブルをえらい消費するのです。

上の写真で途中で継ぎ足してますが、正直足りなくなるとは思いませんでした。

こももの身長は約70センチですが、使ったケーブルは約350センチ。単純計算すると、えあの身長だと約600センチ。つまり5メートル巻きのケーブルでは足りません。

ホントに単純計算なので、実際にはえあでは何センチ必要かはわかりませんが、5メートルではたぶん足りないでしょう。

でもまぁ、10メートル巻きのものも売ってますし、そもそも大抵のホームセンターでは切り売りしてると思うので、無駄にしたくないなら650センチくらいで切ってもらえばいいと思います。

後は欠点としては重い。カバーのビニールが重いんだと思いますが、こももサイズでも400グラム。えあサイズで作ったら700~800グラムくらいになりそうです。


費用はたぶん2000円弱。

皆さん、空気漏れしてしまったえあを捨てる前に、試してみてはいかがでしょうか?

VFFケーブル?

宇佐羽えあ関連のスレッドなんかでは何かと話題(らしい)VFFケーブル。

えあの骨格として使うのにいいらしいです。

私はあんまりそういった掲示板とか見ないので、サッパリ話題になってることとかわからないのですが、確かに色々なえあますたーさんのブログやらを見ていると、時々出てくる。

私も、こももの骨格として使えるなら是非使ってみたい。出湯管はコストがかかりすぎるし、何しろうちの近所にはあんまり売ってない。

そこで、早速購入してきたこいつ、V!・・・あれ?
DSCN3945.jpg

VVFって書いてあります。

実は2種類あったうちの、切り売りのを触ってみた感じ、どっちも同じ位の硬さ、曲げたときのグリップだったから安い方を買ってきましたが。何が違うのか?

調べてもよくわかりません。あんまりちゃんと調べてないけどね。

とりあえず両方販売している所では、VVFは電力ケーブル。VFFはビニル電線ってカテゴリーに入ってました。

よくわからんが・・・そもそも本来の使い方するわけじゃないので、触った感じが大体一緒だから、OKじゃろ?って事で続行。

ちなみにコレで840円でした。


とりあえず耐久テストとして、下↓上↑と往復で曲げて1回とカウントし、それを100回連続で出来るだけ頑張って素早くやってみました。最後の方は凄い遅かったけど。

その結果、100回くらいでは折れたりとか劣化したような感じは無いと思います。

ただし!最後の方は持ってるところが熱くなって少しやわらかくなってきてたので、もっと素早くやればねじ切れるかもしれません。でも、普通に考えて骨格として使用してるのに、そんな状態になる事も無いでしょうから耐久性は問題なさそう。

切ってみると中身はこんな感じ
DSCN3946.jpg
DSCN3948.jpg

普通に銅線ですね。ペンチとかで簡単に切断できます。刃こぼれしそうだからお勧めはしませんけど、たぶんハサミでも切れます。


問題のグリップ力ですが、結構あります。

出湯管とどっちが上と言われると、1体1なら出湯管。2本連結させれば、出湯管1本を上回ると思います。

基本中身は銅線なので、出湯管よりも鋭角に曲げることが可能ですが、出湯管ほどはバシッとポーズが決められません。わかりにくいけど、針金的な、ぐ~っと曲げるイメージ。

ただ、十分に使えると思います。


大雑把に仮組みしてみるとこんな感じになります。
DSCN3973.jpg
DSCN3974.jpg

出湯管のように独立はなかなか出来ませんでした。

ただ、壁に寄りかかれば余裕で立てますし、こももに入れてしまえば後は、靴をはかせれば普通に独立するんじゃないでしょうか。

こももくらいの小ささと軽さなら、正直コレで十分な気がします。ふぇありーどーるや宇佐羽えあサイズになると1本ではちょっと無理かもしれません。

出湯管よりも縦方向の力に弱い感じなので、例によって塩ビパイプみたいなもので補強するか2本にするか・・・と言ったところでしょうか。


結論としては、こももの骨格として使うなら十分使えそう。えあとかふぇありーどーるサイズになると、ちょっと工夫してやらないと弱いかもしれない。って感じです。

後はもう、実際にやってみないことにはわからんので、こももをもう1体製作して、その1体にはこのケーブルで作った骨格を入れてみようかと思っています。


完成は・・・週明けくらい?

それだけ!

DSCN3971.jpg
うまい!もうちょっとのりが多い方が好み!今日はそれだけ!

過去からの・・・

過去の自分からの贈り物が届きました。

贈り物と言っても、お金を払うのは今現在の私であって、お財布が寂しい現状からするとなかなかのダメージです。

はっきり言って、注文したことも、存在すらも完全に忘れてました。

注文日を見ると11月16日。ちょうど3か月前の私は、その1ヶ月後にももをお迎えするなどとは思いもしていないでしょう。

前日に「商品の発送」なるメールを読んで、思い出しました。そう言えばそんなの注文した記憶あるぞ!と。

しかし、一昨日も6月下旬に発売のねんどろいど「雪ミク いちご白無垢Ver」を注文したので、また忘れたころに届くでしょう・・・

この「雪ミク いちご白無垢Ver」はワンフェス限定商品らしいのですが、グットスマイルカンパニーの公式で受注生産で、2月10日~18日の21時までの期間限定注文受付で販売するようなので、興味がある方はどうぞ。よく考えたら18日って明日だね。欲しい人は急ぐべし!かわいいぜ!


話がそれましたが、何が届いたかと言えば・・・



超合金セイバー!
DSCN3928.jpg

何が超合金って、鎧が超合金


中身はこんな感じ
DSCN3930.jpg

実際手にとってみて驚いたのは、足首から下の関節がかなり凝っている。

前後だけでなく左右にも稼動し、つま先も動く。グリップもかなりしっかりしていて、スタンドを使わなくても自立できます。
DSCN3933.jpg
DSCN3935.jpg

ただ、手首のジョイントはかなり不安。ハッキリ言ってすぐ折れそうな予感が・・・
DSCN3942.jpg
この手のパーツは予備がついてたりするんですが、入ってませんでした。折れたらどうしろと?

手首の交換は必要最小限にしたほうがよさげです。


鎧の重厚感はなかなか。超合金と言うだけのことはある
DSCN3936.jpg
DSCN3937.jpg
DSCN3938.jpg
DSCN3939.jpg

実際みるともっといい質感です。重さもあるので、稼動させたときの音もいい感じ。

ただ、ここまでやるんなら、スカートのパキパキプラスチックも何とかして欲しかったかなぁ。


セイバーさんの代名詞であるエクスカリバーは3種類付属。

右から通常、発光状態、クリアー。クリアーは何に使うのか??

※2月18日追記。セイバーは透明な剣を使うから、クリアーが通常なのでは!と言うご指摘をいただきました!
なるへそ!そんな設定あったの、完全に忘れてた!
DSCN3941.jpg
ちゃんと鞘に収まります。
DSCN3940.jpg


各関節部分のグリップもなかなか優秀で、ポーズもバシッと決まります。風になびく感じの前髪とリボンも付属していていい感じ。
DSCN3949.jpg
DSCN3950.jpg

アクションフィギュアとしてはかなり優秀なんではないでしょうか?顔もめちゃくちゃいいとは言いませんが、ちゃんと許容範囲内。


セイバー対勇次郎、夢の対決。てか勇次郎でかいし重い。超合金鎧より重い。
DSCN3952.jpg
DSCN3951.jpg
DSCN3953.jpg

比較としてドアラ。


しかし、ちゃんと(?)フィギュアをレビューするの初めてじゃないのか・・・

完☆成その2

ブログがいつの間にか1ヶ月以上続いていたわけですが、気づいたことがあります。

金曜日はアクセスが減る!

水曜もその傾向があるけども、金曜ほどではない。金曜は100パーセント前日よりアクセスが減ってる。

なぜかはわかりませんが、推測するに翌日休みの人が外でご飯食べたりするからでしょうか?

金曜日はうちの外もやかましいし。飲み屋とかあるからね。仕方ないね。



それはいいとして、とりあえずこもも3号完成いたしました。

今後作るときはこれがベースになるのではないでしょうか。


昨日はここまでの作業でした
DSCN3903.jpg

首を手作業で縫い付けます、めんどい。
DSCN3904.jpg

今回、腕に使った出湯管が長いので、途中で切断しました。

端っこのパイプ状の部分ならパイプカッターでいけますが、曲がる部分はパイプカッターは無理。

そこでこいつの出番だッッ!
DSCN3906.jpg

チタンも切断した(よい子はまねすんなよ!)らせん状の糸のこ。

パッケージにNASAって書いてあったし・・・出湯管も切れるだろって事で切断。意外とあっさり切れる。

今までステンレスだと思ってましたが、ひょっとすると違う素材なのかもしれない。ステンレスにしては軽いし。
DSCN3910.jpg

ちなみに、何かで出湯管を固定しないとグニャグニャ曲がるので、切断は難しいと思います。出来るかもしれないけど、たぶん恐ろしく大変。

上の写真のように、どこのご家庭にもある万力で固定するのがベストだと思います。


そしてなんだかんだと綿をつめ骨格を仕込み、完☆成
DSCN3912.jpg
DSCN3913.jpg

胴体を長くした分、全体のバランスが少し改善されたように思います。

足が長いのも利点はあるんですけどね、足のポーズつけやすいとか。


しかし、こだわった尻はなんか、かぼちゃみたいに。
DSCN3915.jpg

まぁ、ぱんつはかせるしいいかな・・・


身長は結局70センチあるかないかくらい。仮組み時の5センチ差は一体どこへ??
DSCN3916.jpg

とりあえず13センチのブーツが意外と似合う。独立もちゃんとできました。

でも頭に綿つめすぎたのか、頭がでかいような気がする。首から上はこもも改と一緒のはずなんだが・・・まぁ、誤差の範囲内でしょう。


服を着せようとして気づいたこと
DSCN3918.jpg

首の横がボタンになってて、脱いだり着たりが楽になっている!

ワンピースも同じように、片側にボタンがついていたので、このサイズの服はみんなこんな感じなのかも??

とりあえず頭がでかいので、着せやすいのは助かります。

80サイズだとやっぱりぶかぶか
DSCN3919.jpg

このままワンピースと言い張れなくもない

上着を着せて、えあますくを装着し・・・








こもも3号誕生!
DSCN3921.jpg

どのぐらいの安定度かチェック
DSCN3924.jpg
DSCN3922.jpg

独立状態でも、スペ○ウム光線がうてるくらいには安定している。


エロい視点ではなく、今回のポイントである腰の高さをチェック
DSCN3923.jpg

いい感じではなかろうか。

パソコンデスク(手作り)に乗っけても余裕なラブドールは、世界広しと言えども、なかなかいない!かもしれない。
DSCN3927.jpg

この状態のまま、ブログを更新中です。


今回も疲れましたが、完成したら思わず「おいおいカワイイじゃないか・・・」とつぶやいてしまうくらいなので、疲れも苦になりませんでした。

次回以降作るときは、今回の型紙がそのまま流用できそうです。かぼちゃ尻は何とかしたい所ですが、秘密のポケットをつける関係上、なかなかムズカシイ・・・


そして次はそうね・・・vffケーブルの話とか聞いたら、ちょっと気になってきたので、どの程度のグリップがあるのか検証してみたいところですが、いつになるか予定は未定ってことで。

鋭意作成中

DSCN3896.jpg
ようやくパーツの切り出し&裏打ちの布と合体が完了しました。

頭と足は先に作っちゃいます。

仮組み?状態で身長を測りましたが、77ぐらいある。前回のこもも改はこの状態でたしか72センチくらいだったので、もしかすると意外と大きくなるかも。

組み立ててみないとわかりませんが、3センチアップの予定が、5センチアップになるかも・・・まぁ、私の手書きなのでそのぐらいの誤差は仕方ないでしょう。

これから腕やら尻やらを縫い付けていくわけですが、ここまでの作業が一番めんどい。

ひたすらパーツを切り抜いて裏打ちの布を縫い付けていく作業はなかなかにめんどくさい。なぜならあんまり楽しい要素が無い。
裏はこんな感じ。黒い線の部分がこれから縫う線ですね
DSCN3897.jpg

しかしコレをやらないとフリース生地だけでは耐久性に相当問題があると思うので、重要な作業です・・・

ここから先は段々形が出来ていくので、ちょっと楽しめます。


今回は、結構作業効率もアップしているような気がします。しかも手を抜ける部分は抜いています。

実はこもも改はヒザ・股関節・肩の部分が、可動することを考慮して裏打ちの布が独立しています。

わかりにくいですが、上の写真のように一枚の布ではないって事です。

足先からヒザ下、ヒザ部分、フトモモ、股関節、と、4分割して布が当てられてます。特にヒザと股関節は裏打ちの布をフリースにして、稼動しやすさをアップ!・・・しているような気がする。

はっきり言って意味があるかどうかはアヤシイですが。むしろ耐久性が落ちないか心配です。

なので、足も肩も今回は1枚の布でやってみました。コレで全然変わらなかったら、前回の苦労は一体・・・


さて、そんなわけで今日中に完成するかは微妙なところですが、仮眠もとったし、私は作業に戻ります。

次回更新では、完成品をたぶんお見せできると思います。またトラブルが無ければね・・・

後戻りはできぬ

さて、もうご存知の方も多数おられると思いますが、こもも改がお嫁に行ったのはジジの落書き(仮)さんでした。

可愛がってもらってるようで何よりであります。

早速お洋服も着せてもらって、幸せそうな気がしました。


そして私はすでに昨日から、こもも改をさらにちょっと改良した(つもり)のこもも3号を製作中です。

それともここは参号とかの方がかっこいいかな?いやまぁどっちでもいいんだけども。

とりあえず改良点として、手足の長さはほぼ変えずに、少しだけ胴体を長くしてみる。

たぶん2~3センチくらい大きくなると思いますが、私の勘で型紙を作ってるので、仕上がってみないとなんともいえません。とりあえずバランスをもうちょっと改良したいのです。

こもも作成中の舞台裏(?)
DSCN3891.jpg

コレは体前面と足ですね。

ちなみに型紙は私が一から作成しているわけではありません。

ネットの色々なぬいぐるみ作りのサイトさんがフリーで型紙を配信していたりしますので、そこから拝借したものを、合成、改変して作成しています。

一応このブログはアダルトカテゴリーなので、こっちから勝手にリンクしちゃうのもアレですので、型紙が欲しかったりする人は、「ぬいぐるみ 人形 型紙」とかで検索すると色々なサイトが出てくると思います。

作り方も詳しく書かれていたりするので、興味のある方は探してみると良いでしょう。


足は私の手書き感満載
DSCN3892.jpg

私の家にはパソコンはあれどプリンターが無いので、足は私の手書きで型紙を作成しました。

前回のこもも改作成以前にプリントしたものを参考に、適当に大型化、さらに膝の角度をちょっと変更しました。

実は前回約3日で仕上げたと言いましたが、そのうち半分くらいは型紙の作成に試行錯誤した時間だったりします。

プリンターがあれば適当に拡大・縮小とかでやればいいんでしょうけどね。手書きで私の勘と見た感じでやりましたので、何度か作り直しがありました。なので、今回はもうちょっと楽に出来るかも。


で、作成にあたってやはり出湯管が必要になってきます。

近所にもう売ってないので、そうなると最初のもも骨を作ったときに購入した、車で1時間かかる巨大ショッピングモールへ行くしかない。

しかし、ホームセンター部分が7時までしかやってないし、そうそう行ってられん。

とか思ってたら、今日まさに仕事が暇で、かなり早い時間に仕事を終えました。コレはまさに天の導き!ってことで、早速行ってきました。

出湯管をかった後、大きい某ユニ○ロを物色。うちの近所のは小さい店舗で、子供服がありませんので、これも今回好都合。

タートルネックのものがそろそろ冬物処分でセールになっていたので、ももの分と合わせて80サイズを購入。

今回初めて知りましたが、80未満はもうほんとにベビー服なんですね。80のにもベビーって書いてありましたけど、80以上はちゃんとお洋服って感じのデザインのものです。70以下はホントに赤ちゃんが着るようなのしかない。

だが気づいたらこんなに買ってた
DSCN3890.jpg

ももの服も混ざってるけど、こんなに買うこたぁ無かった気がします。だって値段あんまり見ないで買ってたらレジで5700円の表示が!さらに、ついでにブーツ系で一番小さいサイズである13センチのものも合わせて購入。
DSCN3893.jpg
相当ちっちゃい

このボアボアはとっちゃおうと考えてます。

ここまで買ってしまってはもはや後戻りは出来ません。

頑張ってかわいく出来るように製作に励みます。

こももの嫁入り

今日、こもも改が嫁に行きました。

私は実生活でも、こういった工作?系とは違いますが、物を作って売る仕事をしています。

しかし、その仕事とは全然違う感覚。

趣味のことだからなのでしょうか。

なにか、ちょっと寂しいような。嬉しいような。

娘を嫁に出す、とまでは言いませんが、気に入ってもらえるかなぁ、と言う不安と、行った先で可愛がってもらえるといいなぁと言う感じで。

おそらく、仕事ではなく好きでそこそこ頑張って作ったからではないか?と分析しています。


丸裸で嫁に出すのはあまりに忍びないので、一応やっつけ仕事でマント?のようなものとパンツだけはかせてやりました・・・

心なしか、最後にとった写真はちょっと寂しそうに写った気がします。私がそう思ったからでしょうが。
DSCN3866.jpg
※えあますくはこの後はずして梱包

ドールに対する接し方は人それぞれかと思います。

命があるとか魂があるとか、それはまた別の話ですが、私は否定も肯定もしません。

でも、作ってみて初めて思ったのは、好きで作ったものだからこそ、たとえ最後に燃えるゴミとして(こもも改は金属入ってるから不燃だけど)捨てられてしまっても、人に一時でも可愛がってもらえた子は、それでラブドールとしての天寿を全うして、幸せだったと言えるのでは、と思いました。

何が言いたいのか自分でも上手くまとまりませんが、とにかくそんな気分です。

私も、1年に2回くらいはシリアスになるのかもしれません。ちょっとびっくりしました。


では、お役目を果たしてくるのだぞ
DSCN3867.jpg


さて、2日しかいなかったけど、こももがいなくなってちょっと寂しいので、私は明日あたりからまた2号の製作に乗り出す予定です。

ちょっと体のバランスが悪い反省を踏まえ、今度はもうちょっと胴体を長くするべきかどうか・・・いやコレはこれでありか?とか考えています。

しかし、今日は休みだったので近所にあるホームセンターをあちこち回ったりしましたが、やっぱり出湯管が無い・・・えあ関連のグッツも全然売ってないし!この町は私に嫌がらせでもしたいのでしょうか。

完☆成

全国30人くらいの読者の皆様。

もう、こもも改、が完成しました。

自分でも驚く早さ。

具体的に言うと、界王様の所から蛇の道を帰ってきた悟空くらいの早さ。














それはいいとして、早速
DSCN3844.jpg
よっ!


こもも(仮)改です。

変更点としては、身長20センチ弱の大型化。骨格IN。体のラインをちょっと女性っぽく出来るように努力した↓
DSCN3852.jpg
おしり。

身長は直立状態で約68センチ
DSCN3845.jpg
DSCN3846.jpg

入ってる骨格はももと変わりませんが、小さい分グリップがアップ。

ももでは厳しかった片腕上げで長時間固定が可能に。

さらにもも用のブーツをはかせて、独立状態でこんなポーズも出来ました。
DSCN3853.jpg



わかりにくいですが、立てひざ状態のももよりちょっと小さいくらいの身長
DSCN3859.jpg

おねーちゃんと
DSCN3857.jpg


この子はすぐにお嫁に行くことが決まっているので、一応私のブログでは全裸は控えますが、かな~り手足が長いです。

服を着てればかわいいですが、全裸だとちょっと棒人間みたいかも。でも、デフォルメキャラだしいいかな?(でもちゃんと秘密のポケットはついてるよ!)


なんにしても、結論として、「ぬいぐるみ初心者が自作ラブドール」のようなものを作るとこんな感じ。ってところでしょうか。

意外とやれるもんだゼ!みんなも是非チャレンジしてね!疲れるけどね!

ミシンと体力とLOVEがあれば誰でも作れる・・・と、思う。


しかし、もっと時間をかけてゆっくりやればいいものを、作り出したら止まらない私はよせばいいのに約3日で仕上げました。

首痛いしちょっと疲れたし・・・ぬいぐるみ作りはちょっと控えるか・・・と、言いつつもう2体目の製作に取り掛かろうとしている肉球でした。

やれんのか!?

ぬいぐるみ初心者は、果たしてどのくらいまともなラブドールのようなもの作れるのか?が、今回のテーマです。


こももを公開した後、とあるラブドール界の大御所(??)にスポンサーのようなものになっていただきました。

材料費を払っていただいて私が作る、と言うことです。


今回、試作01号、いわゆるこもも(仮)からの変更点はこんな感じ

1・サイズアップ
2・骨格(もも骨)を最初から仕込んでポージング可にする
3・自分のじゃないのでちゃんと真面目に作る


こももの身長をちゃんと書いてませんでしたが、50センチないくらいです。

こもも作成時の型を私の勘と気合とあふれ出る愛で身長約70センチまでアップ。


さらにもも骨(小)を作成し仕込むことでポージングも可能に!(でも、もも骨をつけると秘密のポケットがつけられるかどうか微妙な線)


そして真面目に作る。コレ一番重要ですね。

試作01号はほんとに試作のつもりだったので、結構雑に作ってます。縫い目もろに見えてるし。しかもフェルトがいかんのか、もう毛玉だらけだし・・・


今回はちゃんとえあますくに合った感じの色のフリース地も手に入れました。もう冬も中盤ですので、フリース地がどこも売り切れててあせりましたが。

そして今の進行状況はこんな感じDSCN3833.jpg
DSCN3832.jpg
DSCN3834.jpg
DSCN3835.jpg

とりあえず頭だけ。

並べると全体像はこんな感じ
DSCN3831.jpg

だいぶ大型化されています。

完成版は縫い代の分、もう少し小さくなると思います。


かなり手探り状態だった前回と違い、ある程度勝手がわかっているので今回はわりとスムーズに作業が進んでいます。

ラブドールを自作しようと試みている方は、いきなりでかいのを作らずに、はじめは小さいのを作って練習してからの方がいいかもしれませんね。


さて・・・ひょっとすると、週明けくらいには完成版を掲載できるかもしれません。前回のようなミシンが壊れた!みたいなトラブルが無ければね・・・

ぱんつとは・・・

ぱんつは消耗品だと思うのです。

私が寝るときももの尻ばっかりなでてるせいか、一枚しかない110の女児ぱんつが毛玉&汚れになってきてしまいました。


見た目的に(覗いたとき)よろしくないし、毛玉でごわごわになっちゃってなで心地もよろしくない。

と言うことで、変えのパンツを買ったのですが・・・















DSCN3815.jpg
こんなに買わなくてもよかったかもしれない・・・

私がおもにもものふくとか下着とかをネットで買うとき利用している(送り状に特に品名が記載されてないから便利。スク水とかレオタード関係もあるよ!)のはニッセンさんなのですが、そこで5枚で1250円だったのでつい・・・


まぁ、上記の通りぱんつは消耗品だと思うわけで。2ヶ月1枚と考えれば20か月分だ!

しまパンも色違いで3枚入ってるし!でもでも、できれば白ぱんつは無地の方が私的にはよかった!


とにかく、やっぱりなでたときにスベスベのほうがいいでしょう?

覗いたときも綺麗な方が嬉しい!・・・いや、ちょっと汚れてたほうがマニア的にはオイシイのでしょうか?私がそのレベルに達していないだけなのでしょうか?奥が深いです・・・



さて、それはそれとして一昨日書いたこももお作りしますの件ですが、一応現在、お知り合いの方に限らせていただいている状態ですので、ご了承くださいませ。


今のところちらほらとお問い合わせが・・・詳細が決まって作ることになりましたら、またちょろっと記事にしたりしなかったりするかもしれませんので。


以下、こももの正しい使い方
DSCN3818.jpg


間違っているような正しいような使い方
DSCN3782.jpg

次は、この状態からもうちょっと体を大きくしようとしています。


それでは、また次回お会いしましょう。

こもも(仮)

さて、今日も今日とてプロテインを飲んで、疲れた日々を乗り切っている肉球です。

暑くなったり寒くなったりと大変ですが、風邪などひかぬ用にお気をつけください。


それはそれとして、思いのほか反響がありましたこの子
DSCN3792.jpg

名前がないのでこもも(仮)としておきます。

意外と気にしてくれる人が多いみたいで、ちょっとうれしいです。

しかし、この子は脱がすと違う意味で結構凄いので、もうちょっと詳しく載せます。
DSCN3786.jpg
DSCN3788.jpg
DSCN3787.jpg


公開したときに、別に実戦使用しなくても、とかぬかしましたが、あくまでラブドールとして設計しましたので一応秘密のポケットがついています。

こんな感じで

DSCN3780.jpg
DSCN3782.jpg
DSCN3784.jpg

ここまで来ると自分が物凄いハイクラスなHENTAIなのではないかと、ちょっと自分の行動に疑問が湧きましたが、まぁ作っちゃったものは仕方ない。まぁ事実HENTAIですしね。


、本題なのですが、ここまで見た上でリアルにこももが欲しい方おられるでしょうか?

色々コメントを下さった方々の中の1人のあなたo(`・ω・´)○

私の分もお願いします、なんて言われると私は意外と素直☆なので本気にしますよ?

欲しいとか言われるとちょっと嬉しいのです。

普段8割くらいふざけている私も、5年半ぶりに本気を出したり出さなかったりするかもしれません。


もちろん、もうちょっとクオリティ上げられないとお渡しできませんし、もうちょっと胴体も細くするか・・・と言った感じなのですが。

次の試作2号はボチボチ製作に取り掛かろうとしてますが、このままの体型でいくかどうかはちょっと悩み中です。

ただ次の素材は一番上の写真で、こももが乗っかってるフリース地にしようと思っています。

色もえあますくと似ているし、100均のフエルトよりは長持ちするでしょうし。ただ毛玉が凄そうですけどね。


もし、万が一本気で欲しい方おられましたら、軽い気持ちでご連絡下さい。

お話を聞いた上で、それとなくお作りする、かもしれません。



では、失敬


※追記
 現在のところ、お知り合いの方に限らせていただいております。ご了承くださいませ。

もも毛

DSCN3755.jpg

ゴミ袋少女。

というなんかマニアックなプレイとかではなく、ももの髪の毛をカットするのにこの状態になっています。


以前の記事で、おそらくもも付属のウィッグはコレであろう↓
DSCN3753.jpg

と言いましたが、購入して確認してみたらまさしくコレでした。

一応耐熱、と書いてますが、何度まで大丈夫、とかの記載はありません。


欲しいものリスト、に追加しておいたら、いつの間にか2980円→2070円に値下がりしていたので、えあますく上目の予備を買うついでに、こちらも予備として購入しました。


と言うのも、このウィッグ、以前も言いましたがとにかく絡む。正直言ってちょっとヒドイぞ!と言うくらい絡む。


原因は、おそらく髪が細いのと、量が多い事、さらに決定的なのは購入した段階で毛先がコレ↓な事
DSCN3767.jpg
ココまで来ると切る以外に手はない気がします・・・


最初は、ももに付属していたのが外れだったのかとも考えたのですが、パッケージつきの新品でコレなのだから、全部こんな感じではないでしょうか。

とにかく初期状態では、手櫛ですいてやるのもちょっと無理があります。普通に櫛でブラッシングするなどもってのほか。引っかかってとてもではないけど無理です。

えあうぃっぐは同じロングでも、特に何もしなくても普通にブラッシングできるし、さらさらなんですけどね。


なので、今回は使用前にあまりにひどい部分を切ってから、柔軟剤に2~3時間つけてやりました。

結果として、櫛もちゃんと通るようになり、ふわさらになりました。まぁ、絡まるけどこの形が気に入っちゃったから仕方ないですね。
DSCN3771.jpg

そう言えば、ウィッグのためだけに何も考えないで柔軟剤買ってきてましたけど、シリコーンか繊維潤滑剤ってのが入ってる柔軟剤でないと意味がないらしいですね。

今日手入れ方法を調べてたら、初めて知りました。私の持ってる柔軟剤にはシリコーンが入ってるっぽいです。


さて、それはさておきそういう訳で、予備のウィッグも手に入れたし、今ももがつけてるウィッグが結構絡んでボサボサなので、カットしてしまおうと。


とりあえず切る前の準備としては、一番↑の写真のようにでかいゴミ袋で首のところまでスポッと入れてしまいましょう。

ウィッグだけでカットすりゃいいじゃん。と思う人もいるかもしれませんが、装着した状態じゃないと形とか長さの感じが違ってくるのでダメですよ?


ハサミは、安くてもいいので髪の毛をカットする用のハサミを用意しましょう。ちゃんと切らないと先が服に引っかかったりするようになります。

ちなみに私はセルフカット暦10数年のベテランなので、散髪セットは一通り持っています。



ではまず、大雑把に肩よりちょっと下くらいで切りそろえます。(ドールの正面が見えるように、前に鏡を置いておいた方がいいです。形がわかりやすくなりますので)
DSCN3756.jpg

櫛で丁寧にとかして、絡まってる毛をのばし、切りきれてない毛を切っていきます。
DSCN3757.jpg

その後、それとなく長さをそろえつつ、毛先を自然な感じになるように努力します。この時ハサミはたてに入れるといいでしょう。
DSCN3758.jpg

何回か繰り返して、丁寧にそろえる
DSCN3759.jpg

サイドの毛も同様に。今回、前髪はちょっとそろえたくらいで、ほとんど切ってません。
DSCN3763.jpg


その後、ももからウィッグを外し、シャンプー→リンス→柔軟剤2時間、のいつものコース。

そして、大体完成。
DSCN3775.jpg

だいぶ小ざっぱりしたような。


この長さなら以前ほど絡まる事もないですね。

ウィッグがこんがらがって、もう買い換えるしかないよ!って人は、諦めずに一度チャレンジしてはいかがでしょうか?雰囲気も変わるし、特にこのドールウィッグ【miyu】みたいに毛の量が多いウィッグはいけると思います。


さて、それでは、眠いので、お休みなさいませ。

そして結論へ・・・

さまざまなことがありました・・・

買って3日のミシンが壊れたり・・・
 
あまりにもめんどくさくなって、作業途中で、ももにルパンダイブをかましそうになったり・・・

今日店が異様に忙しかったり・・・

そんな事を乗り越えて辿りついた結論は















DSCN3750.jpg
DSCN3751.jpg
DSCN3749.jpg

よい子はまねすんなよ!って事でしょうか・・


そもそも、私はももの手を作っていたはずなのに、なぜ突然ぬいぐるみを作り出してしまったのか・・・


すべてはこのふぇありーず エアリードールを見た後、おや?コレがありならコレ↑もアリではないか?と、・・・


別に実戦使用しなくてもマスコット的な感じで作れたら、ももとペアでカワイイかもしれない、と、思ってしまった。

だがしかし、ぬいぐるみなど当然作ったこともない私はこんなのできるかどうか・・・と当然考えたのですが、この人が頭の中でこうささやく
SnapCrab_NoName_2013-2-2_20-18-10_No-00.jpg


心の師(仮)にそう言われては仕方がない・・・

私は、とりあえず試作としてすべて100均でそろえられる物(除えあますく&うぃっぐ)で作る、という縛りで作り出したのです・・・


そして紆余曲折ありつつ、製作期間5日、総制作費800円くらいの巨費を投じて完成したのがコレ↑です。


まぁ、人によるでしょうけど、意外とかわいいです。思ったよりは。

もうちょっとちゃんとした服を作ってあげれば、もっとかわいいと思いますが、もはや体力の限界っ・・・気力もなくなり・・・といった感じで、このワンピースのようなもの、を作るので精一杯でした・・・

でも、ぬいぐるみ初心者にしては頑張ったんではないでしょうか・・・次があればもっとかわいくできるように努力します、先生。


しかし、すべて終わって1つわかったのは、えあますくの汎用性の高さと絶妙な可愛さ。

これを発明(?)した人は、ノーベル賞とまではいかなくても、県民栄誉賞くらい貰ってしかるべきだと私はおもうのです。

続・そこそこ頑張った結果・・・

DSCN3741.jpg

ココまで作ったところで、ミシンが壊れたよっ☆(★´∀`)ノ


おいおいマジかよブラザー(ブラザーミシン)とつぶやいてしまうくらい、ガーンな感じ・・・


深夜3時まで格闘した結果

1・電源は入る(手元のLEDはつく)
2・モニターに何も表示されねぇ
3・ボタンが何一つ反応しねぇ
4・時々ほんのちょびっとだけ動いて止まるのが、よりイラッ☆とさせる

以上のことから、どう考えても故障。


以下、昨日の深夜からの流れ


さっそく夜中の3時にメーカーサポートへメール
           ↓
朝10時前にサポートから、要約すると以下のようなメール(仕事中に盗み見る)が届く
           ↓
「それどう考えても故障だから、交換、返品は販売店と相談してねっ☆」(こんな言い方はしてない)
           ↓
仕事をさっさと終わらせてアマゾンさんへ電話
           ↓
症状を説明し、メーカーへ連絡済の旨を伝えると、あっさり返品、返金しますとの事
(交換か、返品になるのですが、3日で壊れたのでもう同じのは使いたくないので返品、返金を選択)
           ↓
指示されたとおり日本郵便さんへ集荷のお電話をかける
           ↓
電話に出た女性が、凄まじくプロフェッショナル!
           ↓
明日集荷に来てくれる事になる←NEW!


おぉ~めんどくさぁ~い(´□`ⅲ)


・・・以上、アマゾンさんで何か返品、交換等したい方は参考にしてください・・・

家電は先にメーカーサポートへ連絡しておくと、話がスムーズに行くと思います。

しかし、私は自営業なので商品の集荷とかいつでもいいからまだいいが、外で仕事してる人とか凄くめんどいですよね・・・


まぁ、考えようによっては3日で壊れてよかったかもしれません。

1ヶ月以上たつと(この場合はたぶん大丈夫だけど)原則交換返品が不可になるので。

中途半端に1ヶ月半とかで壊れられたら目も当てられない。

とりあえず、今度は近所の電気屋で買うことにします・・・・壊れてもいいように。


では、電気屋にイオ・エスコ!
プロフィール

肉球

Author:肉球
当ブログはリンクフリーですよ(@ω@)

つぶやき
最新記事
メールフォーム
肉球への連絡、ブログへのご意見ご感想、質問などはこちらへどうぞ! お気軽に声をおかけください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
お知り合いのドーラーさんへのリンクです。 ※追加順
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
フリーエリア
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。